手ぬぐい


雨に濡れた体を拭くと、ハンカチがびしょびしょ!
でもタオルを持ち歩くのはバッグにかさばる・・・そんな梅雨どきのおでかけに、
じわじわ人気なのが「手ぬぐい」です。
渋めな伝統柄からポップなキャラものまで種類も豊富。
近年の和ブームでハンカチがわりにちょっと使い始めてみたら、
あまりに便利で手放せなくなってしまう若い女性が急増中とか。
コンパクトにたためて、濡れてもすぐ乾く、一枚の布。
あなたもご利用してみませんか?

日本人が肌身離さず持ち歩いてきた、自由自在の布

手ぬぐいとは、端が切りっぱなしの平織りの木綿。つまり、ただの布!
大きさはいろいろですが、現在は90センチ×35センチくらいのものがほとんどのようです。
縫い目がないのは、水切れを良くするため。掛けておくとすぐ乾き、雑菌が溜まらず衛生的です。洗濯物の嵩も減り、特有の嫌なニオイもこもりません。高温多湿の日本にはまさに理想的な「タオル」なのですね。

お風呂で庶民が使用するようになったのは、室町時代頃から。とにかく昔は布が貴重だったので、はじめは神仏まわりの清掃や祭礼の装身具として使われていました。江戸時代に綿が栽培・生産されるようになり、手ぬぐいは一気に普及して日本人の生活必需品となります。
「拭う」だけでなく、仕事時の汗止め、前掛けや着物の襟元・布団の首元掛け、頭にかぶったり物にかぶせたり・・・土ぼこりの多い江戸では、手ぬぐいであらゆる汚れをガードしていたようです。
使い込んで柔らかくなったら、赤ちゃんのおむつや雑巾、細かく裂いてハタキに。ケガをしたときの止血や、時代劇で見かける「下駄の鼻緒を応急処置」にも使われました。
一枚の布をいつも持ち歩いて、人々は自由自在に活かしてきたのです。

こんなに便利な手ぬぐいですが、戦後は「日本古来の生活用品は時代遅れ」という風潮が広がり、ほとんどの家庭ではタオルしか使わなくなってしまいました。和のブームで手ぬぐいの魅力が見直され、現在はタオルを手ぬぐいに取り替える家庭も出ているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です