季節変化の食欲不振・・・!


暑い日が続いて食欲が・・・・と言われる方が増えているようですが

食欲不振を引き起こす原因は、ストレスや季節の変わり目による体の不調から、胃腸炎、がんなどの病気まで様々です。

● 季節の変化やストレスが原因の場合
食生活を整えることが大切です。私たちの体は、過度のストレスを受けたり、季節の変わり目などで体調をうまくコントロールできなかったりすると、副交感神経や自律神経の働きが乱れ、食欲が減退してしまいます。このような場合には、消化に良く栄養価の高い食べ物を少しずつ食べ、食生活を元に戻していくことが大切です。例えば、夏バテ時には、そうめんや梅干しなど、さっぱりして食べやすいものを摂りましょう。しかし、冷たいものは、食べすぎると胃腸が炎症を起こす原因になり、夏バテが悪化してしまうこともあります。そのため、食べ過ぎには注意しましょう。食欲不振の原因がストレスにある場合、その食欲不振は体の疲労とも関係します。こうした場合には、大豆やトマトなどの疲労回復に良い食べ物も摂取しましょう。また、ショウガやニンニクなどを使い、料理の見た目や香りを工夫したり、家族や友人と一緒に食事を楽しんだりすることで食欲を増進させることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です