月別アーカイブ: 2018年12月

乾燥ゆず茶

12月22日は「冬至」と言う事で今、皆さんに柚子をお配りして「柚子風呂」に入って頂こうと思っております。

その時ついでに「乾燥ゆず茶」の作り方もお渡ししております。

ゆず茶の作り方

 

さて、無農薬の柚子が手に入りやすい環境にいる方、または柚子を入手して

自分ですべて手作りしたいというあなたは早速乾燥ゆずを使ってゆずティーを作ってみましょう。

1 化学肥料無農薬のゆずをよく洗って皮と種ごと輪切りにする。 2 4日ほどざるの上で天日干しにする。 3 清潔な袋に入れて保存。 4 上質な水を使って煮出して召し上がれ。

 

柚子パウダーの作り方

乾燥柚子をミルなどで攪拌して粉状にして。 お茶や香り付けのためのスパイスとしても。

 

乾燥ゆず茶」。

 

そう。その名前の通り、ただ柚子を乾燥させただけのもの。

柚子を乾燥させただけのものに果たしてそんなすごい効果があるというのか・・。

決してウソや誇張ではなく、確かに乾燥ゆず茶にはすごい効能があるそうなのです。

 

ゆずの効能

ゆずの効果効能は下記のように挙げだしたら本当にキリがないほど。

 

血流改善・血糖値調整

ゆずに含まれるノミニン、シトラール、ペクチン、リモネンには、

血糖調整、血流の流れをよくして免疫力を高め、習慣病予防にも効果を発揮することがわかっています。

 

からだを温める効果

柚子の成分には血流をよくすることによって体を芯から温めてくれる効果が期待できます。

 

デトックス効果

有機酸類には整腸作用、そしてペクチンには便秘改善の作用もあり、

便通をよくすることでデトックス効果も得られます。

 

がん抑制作用

リモノイドという苦い成分にはガンを抑制する作用があります。 リモネンやノミニンにも一部のがんを抑制する効果があるとされています。

 

アンチエイジング・美肌

ゆずに含まれるビタミンCはレモンの3倍と言われており、

抗酸化作用が高いビタミン類を摂ることでアンチエイジングのほか、

あらゆる習慣病を防ぐことに貢献してくれます。

 

心筋梗塞・脳梗塞などの疾患予防

ヘスペリジンという成分は毛細血管を丈夫にする効能があります。 ビタミンPにも血管に関連する疾患を予防してくれる効能があります。

 

飲みすぎたら薬が効かなくなるとも

無農薬のゆずを販売する農家の方いわく、柚子茶を飲みすぎるとそのあまりの効き具合に、

医者が出す市販の薬がほとんど効かなくなるという話もあるのだそう。 医者からしたら、「商売上がったり」になってしまう恐ろしい大敵食材ですね 笑

 

飲んでみた感想

「体にじんわり効いている」自然の酸味がおいしい

 

私もさっそく飲んでみました。 味は酸味の中に心地よい苦みが融合しており、まさに体にじんわり効いている感じ。 お腹の調子もよくなりました。 何もいれずにお茶にしても十分おいしいし、お好みでジンジャーや、

メープルシロップを入れてもおいしいですよ。

是非お試しください!