月別アーカイブ: 2016年7月

夏の入浴方法・・・!

夏はシャワーだけで済ましている方が多い様ですが

夏こそ湯船に浸かるようにしてください!

夏の入浴方法

Q 夏のお風呂ではどんな点に注意すればよいのでしょう?

A 39度くらいのぬるめのお湯に10分以上浸かってください

心臓から出た血液が体内を1周するのに約1分かかりますから、10分入ると10周程度、血液を巡らすことができます。また、湯船に入って汗が出るまでには6~7分必要なので、それより少し長めという点でも、10分程度がおすすめです。

Q 疲れて帰った日も、早く寝るよりお風呂が大事ですか?

A 30分遅く寝てもお風呂で温まって!

忙しかった日は遅く帰っても交感神経が優位な状態で、早く寝ても頭が興奮状態でぐっすり眠れません。そんな日は、湯船で身体を温めるだけでいいからお風呂に入って! 体温変化によって深い眠りが得られるので、疲れがすっきりとれます。身体の汚れは、翌朝、シャワーで落とせばOKです!

Q 半身浴ではダメですか?

A 入浴の効果は全身浴のほうが上です

少ないお湯に浸かる半身浴では、水圧と浮力の効果が得られません。長時間入って汗を出すことはできますが、血の巡りにいい影響を与えたり、深いリラックスをもたらしたりといった効果は期待できないでしょう。特に、夏は、短めの時間でも身体を適度に温めて汗を流せる全身浴がおすすめです。

Q 汗の出すぎによる脱水が気になります

A 入浴前後に水分補給を

熱めのお風呂に15分入ると、500ミリリットルの汗が出ます。夏場はそれほど暑いお湯に入ることはありませんが、しっかり水分補給することは大事です。入浴前にコップ1杯の水を。さらに、お風呂上がりにもコップ1杯飲んでください。きちんと水分補給をして入浴すれば、汗をたっぷりかいても脱水を予防できるでしょう。

Q 熱いお風呂は肌を乾燥させそう……

A 入浴後10分以内に保湿ケアを

夏は紫外線で肌が乾燥しがち。お風呂に入ると皮脂が取れるので、確かに肌が乾燥します。そこで、夏でもきちんとボディーケアを。お風呂から上がったら10分以内に、ボディーローションやボディークリームを塗ってください。夏にボディーが乾燥するのは、ベタつくのが苦手でボディーケアが足りないせいかもしれませんよ!

Q 夏におすすめの入浴剤を教えて!

A 清涼感、リラックス、潤いがキーワード

汗をたくさんかく夏には、清涼感のあるものや、炭酸ガスで筋肉の疲労をほぐしてくれるタイプがおすすめ。何種類か用意し、その日のコンディションに合わせて選んでみては?

Q 夏は朝風呂派。朝のお風呂のポイントは?

A 熱めのお湯に短時間が正解!

眠っている間にも汗をかくので、朝の入浴も気持ちがいいですね。朝は交感神経を優位にして心身を活動モードに切り替える時間。それには、やや熱めのお湯に短時間入るのがおすすめです。暑いからと、冷たい水シャワーを浴びたりすると、入浴後に再び汗をかいてしまいますからご注意を!

Q 職場の冷房がきついのですが、いい方法はありますか?

A 給湯室で「手浴」をしてみては?

桶にお湯をため、手首まで温める「手浴」をしてみてください。手のひらから手の甲の全体を温めることができるので、それだけで血流がよくなります。給湯室などでお試しを!

そして今話題の水素風呂を試してみませんか?

詳しくはこのホームページの「水素風呂レンタル」をクリックしてみて下さい!

旬の野菜には旬の効能

古いギリシアのことわざに、「トマトが実れば医者が青くなる」というものがあります。

トマトの健康効果についての言葉ですが、旬の野菜には旬の効果があるという意味も含まれています。

夏に不足しがちなカリウムやビタミン類といった栄養素を、カラフルな夏野菜で美味しく補給し、夏バテや熱中症を予防しましょう。

栄養補給と同時に彩りも豊かに

代表的な夏野菜には、キュウリやトマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、トウモロコシ、カボチャなどが挙げられます。濃い、ハッキリした色の野菜がその特徴といえます。食欲も落ちるこの季節、カラフルなビタミンカラーは食欲を刺激しますし、含まれている栄養素とその効能は、夏にぴったりと言えます。

“キュウリ”には、

夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれています。キュウリにはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれていますが、酢にその酵素の働きを抑える作用があるので、酢の物で食べれば効率よくビタミンCも取れますよ。

“トマト”には、

抗酸化作用のあるビタミンAとCがたっぷり。ビタミンEと一緒に取ることでより強力な抗酸化作用が期待できるので、ビタミンEが豊富なオリーブオイルを使って調理するのがベストです。夏場は、紫外線や暑さのストレスなどにより活性酸素のダメージを受けやすい季節です。抗酸化作用のある野菜をとって内側からサビにくい身体作りに働きかけます。

“ピーマン” には、

強い紫外線を受けやすいこの時期にありがたい、皮膚の結合組織を作るコラーゲンの合成を助けたり、メラニン色素の沈着を防ぎ、健やかな肌を保つためのビタミンCが豊富です。ビタミンCは調理によって壊れやすいのが難点ですが、ピーマンは組織が強いため、壊れにくく、安心して炒めて食べられます。他にもピーマンには、皮膚や粘膜を健やかに保ちウィルスから身体を守り夏風邪にも効果的なビタミンAも含まれています。ビタミンAは油と一緒にとることで、吸収率が高まる栄養素。そういう理由から、油で炒めて食べるのがピッタリなんです。

“ゴーヤ”には、

ビタミンCを豊富に含む他に、ビタミン、ミネラルをバランスよく含みます。夏場に汗とともに失われ易いカリウムも多く、むくみを解消し滞った代謝を促進します。特有の苦み成分は、食欲を刺激して夏バテ予防に働きかけます。ゴーヤの苦味が気になるという人は、白い綿の部分をしっかり取ったり塩もみすることで、気にならなくなります。ゴーヤチャンプルーみたいに、お肉の脂やタンパク質と一緒に調理すると苦味もやわらぎお勧めですよ。

就寝前後にオススメな正しい水の飲み方

健康効果を狙って水を飲むなら、水を飲むタイミングと水の種類に注目です。

それは就寝前後に水を飲む時も同じです。

まずは就寝前後に水を飲むことへの誤解でよく見聞きするのは、

  • 寝る前に水を飲むと太る
  • 次の日顔がむくむから寝る前は水を飲まない
  • 寝起きに冷たい水を飲むと体がビクッとするから飲みたくない
  • 寝起きに常温の水を飲んでもお通じが来ない
  • 血液濃度が濃くなるのが怖くて寝る直前に水をガブ飲み
  • 寝る前に飲む水の量が分からない

などがありますが、これらについて回答するとすれば、

  • 寝る前に水を飲んでも太ることはありません
  • 寝起きに顔がむくむのは寝る直前に水を飲み過ぎるから
  • 寝起きに飲む水を常温あるいは10度前後の水温にしてみる
  • 便秘が酷い場合の寝起きに飲む水は冷たい硬水がオススメ
  • 血液濃度が濃くなると病気の原因となるが寝る直前には飲まない方がいい
  • 寝る前にはコップ1杯を目安に水を飲む

このようになります。

就寝前後に水を飲むことが体にいいことだとは分かっていても、「どんな水をどのタイミングで飲むがいいのか…」までは知らない人が多かったです。

【就寝前後にオススメな正しい水の飲み方】

就寝前に飲む水の種類と水の飲み方
水の種類・・・アルカリ性の軟水
飲むタイミング・・・寝る30分前
飲む量・・・コップ1杯を目安に
※寝る前の水は寝ている間に失われる水分のために
※水を飲むタイミングと量に気をつければ翌朝むくみにくい
就寝後に飲む水の種類と水の飲み方
水の種類・・・アルカリ性の軟水から中硬水
飲むタイミング・・・寝起き直後
飲む量・・・コップ1杯を目安に
水温・・・常温または10度前後
※寝起きの水は寝ている間に失われた水分補給のために

【就寝前に水を飲む時の注意】
就寝中は腎機能が低下しているため上手く水分を体外へ排出できません。なので寝る直前に水を飲むと翌朝むくむ原因になるため要注意。そのため寝る直前ではなく寝る30分前に水分摂取を終わらせておきましょう。

姿勢と足裏のアーチ

昨日来られたN,Iさん 64歳 介護関係の方がこのアーチが崩れて膝や股関節に

不具合が生じていました。

 

◇健康な足裏には3つのアーチ

人間が立つときには、足の親指の付け根部分(母趾球)・小指の付け根部分(小趾球)
・かかとの 3点で立ち、安定感を増すために5本の指で 接地しています。

人間の足は片側だけで28個の骨があり、これらの骨が筋肉・腱・靭帯でつながれ
組み合わさることで 、絶妙なアーチ状を構成しています。

•内側縦アーチ(母趾球~かかと いわゆる土踏まず)
•外側縦アーチ(小趾球~かかと)
•横アーチ(母趾球~小趾球)

アーチ1 001        アーチ2 001

この3点にできる弓状のラインを「アーチ」とよび、ゆるい弧を描いています。
このアーチのおかげで歩く・走る・立つといった、人間の足が持つ基本的で複雑な
動作ができるので、バランスが乱れると、人間のカラダの土台となっている
足全体のトラブルを引き起こしたり、 全体の姿勢に影響を及ぼしてしまうことがあります。

◇アーチの役割

「衝撃を和らげるクッション」
足は狭い面積で、カラダの一番下でカラダ全体を支えています。
カラダの全体重、動いたときの全衝撃が足の裏にかかります。
ゆっくり歩いた時は体重の約1.2倍、走った時は約3倍、ジャンプするときは約6倍の
重さが足裏にかかるそうです。

このような様々な動きによる地面からの衝撃と、体重による負担を受け止め
和らげてくれる役割があります。

この役割がうまく機能しないと、衝撃が伝わりやすいため、足のトラブル以外にも、
膝の痛み、腰痛、肩こり、頭痛などが、でやすくなります。

「歩いたり走ったりするためのバネ」
歩くとき、走るとき、足はかかとから足の外側を移動して小指へ、そして、小指から
親指へ移動して、親指の足の付け根で地面を蹴るというとても複雑な動きをしています。

親指の足の付け根で、反動を利用し蹴り出しますが、3つのアーチがバネのような
役割を果たします。そのおかげでスムーズな重心移動が行え 体を前に運ぶための
前進力になります。

「カラダ安定性・バランスをとる」
3点のアーチがしっかり安定していれば姿勢も安定します。
横の動きや縦の動きに対してもブレることがなく、少しの衝撃では倒れることはありません。
微妙なバランスをとることができるため、デコボコの地面も、坂道でも転ばずに歩けるのです。

しかしこの安定性が崩れると姿勢に影響し、O脚などの脚の症状も引き起こしやすくなります。

自律神経・・・!

暑い夏、熱中症を起こしたりしていませんか?

熱中症は自律神経の乱れと大きく関係しています。

自律神経が乱れる原因と改善方法

自律神経が乱れる原因と予防法

さまざまな体の不調を引き起こす、自律神経の乱れは何によって引き起こされるのでしょうか。

からだのゆがみ

からだ、骨格がゆがんでいると、神経は正常に情報を伝達できなくなり、コントロールがうまく行えません。

細い道や曲がりにくい箇所があると、クルマがスイスイ通れないのと似ています。

あごや首、全身の筋肉、背骨、骨盤などが歪まないように、注意する必要があります。

改善方法

自律神経の乱れを改善する方法で、手軽にできて、毎日続けられるのが、ストレッチです。

ストレッチは筋肉を伸ばしたり、縮めたりということだけではありません。

骨盤のゆがみを正常に戻す、という効果もあります。

日ごろから生活にストレッチを取り入れることをオススメします。

からだ回復センター田川では毎日簡単に出来るストレッチをご指導させて頂いてます。

夏こそお湯に浸かろう

快適な夏を過ごすための入浴法をご紹介します。

朝は厚めのシャワーで気分をシャキッと!

42℃前後の暑いお湯が交感神経を刺激します。体と心を目覚めさせて疲れを取り除く効果もあります。ざっと汗を流す感覚で短い時間で済ませるのがポイントです。シャワーのあと汗が気になるなら最後にぬるめのお湯で流してみて下さい!

夜はぬるめのお湯につかってリラックス!

38℃前後のぬるめのお湯に長めつかると、副交感神経の動きが良くなってリラックスできます。寝つきを良くする効果もあります。「水素風呂」に入るのもおススメです。

夏こそ湯船に浸かろう!

夏はシャワーでOK、汗や汚れを流してサッパリできればそれでいいという人が多いようです。時間の無い朝はシャワーでもいいのですが夜はシッカリ湯船につかることをおススメします。暑さによる疲れや気になっている不調を取り除いてぐっすりと眠れますよ!

湯船につかる3つのメリット!

温熱作用

血行を促して、内臓機能を高めてくれます。

水圧作用

圧力が加わることで血液やリンパ液の循環が良くなり、疲れの原因になる老廃物の排出を促進します。浮腫み解消にも効果的です。

浮力作用

からだが軽くなるので筋肉の緊張をほぐすのに効果的です。肩こりや腰痛などの改善に役立つます。

 

 

夏休み学生の声1

今日から夏休みと言う事で夏休みに来られた学生さんの声をアップしてみます。

14歳 男の子 オスグッド(成長痛)と腰痛

学生1

走るとだんだん痛みが出てきていつも痛かったオスグッドが最初来たときにほとんどとれました。数回来て腰の歪みもヒザの痛みもほとんどとれました。来てみて本当によかったです。

19歳 男の子 足の付け根の痛み(股関節痛)

学生2

施術のたびに少しずつ良くなっていく感覚がありました。教えていただいたストレッチはこれからもやっていこうと思います。ありがとうございました。

18歳 男の子 腰痛 首痛

学生3

本当にゆらゆらするだけで痛みがとれました。言われた通りのストレッチを自分で続ければ痛みは全くなくなりました。ここに来てほんとうに良かったです。ありがとうございました。

 

季節変化の食欲不振・・・!

暑い日が続いて食欲が・・・・と言われる方が増えているようですが

食欲不振を引き起こす原因は、ストレスや季節の変わり目による体の不調から、胃腸炎、がんなどの病気まで様々です。

● 季節の変化やストレスが原因の場合
食生活を整えることが大切です。私たちの体は、過度のストレスを受けたり、季節の変わり目などで体調をうまくコントロールできなかったりすると、副交感神経や自律神経の働きが乱れ、食欲が減退してしまいます。このような場合には、消化に良く栄養価の高い食べ物を少しずつ食べ、食生活を元に戻していくことが大切です。例えば、夏バテ時には、そうめんや梅干しなど、さっぱりして食べやすいものを摂りましょう。しかし、冷たいものは、食べすぎると胃腸が炎症を起こす原因になり、夏バテが悪化してしまうこともあります。そのため、食べ過ぎには注意しましょう。食欲不振の原因がストレスにある場合、その食欲不振は体の疲労とも関係します。こうした場合には、大豆やトマトなどの疲労回復に良い食べ物も摂取しましょう。また、ショウガやニンニクなどを使い、料理の見た目や香りを工夫したり、家族や友人と一緒に食事を楽しんだりすることで食欲を増進させることも大切です。

上手な汗の・・・・!

昨日梅雨明け宣言が出されました。

いよいよ夏本番と言う事で「この夏上手な汗の掻き方」についてご紹介させていただきます。

意外なモノを使って汗かき上手に!

レモン

レモン
汗のニオイに効き目バッチリなのが「レモン」です。お湯にレモン汁やレモンの精油をたらし、体を拭くと効果があります。とくに汗をかいたときは、ミョウバンを大さじ 5~6杯加えるとなおさらよいでしょう。ただしこの場合、必要以上に汗を拭き取らないよう、わきの下などにだけ使うようにしましょう。

 

お酢

お酢
血行が阻害されたり、食事のバランスが崩れたりしていると、アンモニア臭で汗がニオうようになります。こんなときは、入浴直前、湯船にお酢を少々入れると良いでしょう。おすすめは、醸造酢か黒酢です。めやすは、醸造酢ならお猪口に 2~3杯、黒酢なら1杯程度です。クエン酸が汗腺から吸収されて、アンモニアの乳酸生成を抑制します。いやなニオイを抑えることができます。皮膚の雑菌繁殖も抑制でき、一石二鳥です。湯船から出たら軽くシャワーを浴びると、お酢のニオイは消えてしまいます。

 

炭


寝ているときの汗はねばついたニオイの強いものです。翌朝のさわやかな寝覚めのためにも、寝汗はできるだけ抑えたいですね。できれば、ベッドや寝室の隅に炭を置くと、マイナスイオンが出て汗の水分子が細かくなります。蒸発しやすくなるので、その分ニオわないというわけです。

ミネラルの摂取

ミネラルを摂るには?

ミネラルは体内での合成はできないので、食べ物から取り入れなければなりません。
いろいろな食品をまんべんなくとっていれば、不足することはありませんが、ナトリウムなど種類によっては摂りすぎにも注意しましょう。

そして日本人が不足しがちなミネラルがカルシウムです。
カルシウムは、骨や歯の成分になることがよく知られていますが、血液の状態を正常に保つ働きもあります。不足すると動脈硬化や高血圧を招きやすくなります。

精神安定の作用もあり、不足するとイライラや精神過敏を起こしたりします。カルシウムは、牛乳や乳製品、小魚、大豆製品に含まれていて、吸収率がよいのは乳製品です。また、酢やレモン、りんごなどのクエン酸と一緒にとると、吸収率が上がります。
 
代表的なミネラルの種類

【カルシウム】
骨格や細胞機能の形成と維持に不可欠。99%は、骨に貯蔵される。不足すると、骨から溶けだして、体の組織に送るので、毎日の牛乳補給が大切。

【ナトリウム】
血液中に0.9%弱含まれ、他のミネラルが血液中に溶けるのを助ける。食塩の主成分が塩化ナトリウムの摂取は、女性なら1日8グラム以下が望ましい。

【カリウム】
海草類や豆類に多く含まれ、体の中の余分なナトリウムを体外へ排出する作用を持つ。血圧を下げる効果があり、1日の必要量は、大人で2000ミリグラム。

【硫黄】
良質タンパク質を十分に摂っていれば不足しない元素。タンパク質の一部として、摂取している

【マグネシウム】
魚介類、玄米、緑黄色野菜、食肉などに含まれる。充分に摂っていれば、ナトリウムとカリウムのバランスが正常に保たれる。

【リン】
骨や歯を作るのに不可欠。保存料として加工品や清涼飲料水に含まれるため、不足はほぼないが、過剰に摂るとカルシウム不足を招くので要注意。

【塩素】
ナトリウムとともに食塩から摂取するため、通常の食生活を過ごしていれば、不足することはまずない。肝機能を助ける役目もある

【鉄】
赤血球中のヘモグロビン中にあり、酸素を運ぶ働きをする。不足は免疫力の低下や体温調節不全を招く。体への吸収にはタンパク質とビタミンCが必要

【銅】
ヘモグロビンに鉄を渡す働きや、過酸化脂質が体内で作られるのを防ぐ酵素としても作用する。不足すると鉄欠乏性貧血の原因に

【亜鉛】
多くの酵素が正しく機能することを助ける役目を持つ。食事が植物性に偏ると、亜鉛不足で味がわからない味覚障害になることがある

他にもこんなに色々!

コバルト・ヨウ素・セレン・クロム・フッ素・マンガン・モリブデン・バナジウム・スズ・ニッケル・ケイ素・ヒ素・鉛 など。
 

今回のまとめ

ミネラルがこんなにたくさんの種類があるなんてオドロキですよね!今後さらに解明されていくと、もっと種類が増える可能性があるそうです。そしてミネラルに限らず、まだまだ発見されていない栄養素もあるといいます。やはり大切なのは、偏らないように様々な食べ物を摂ることですね!