雨の日は風邪に注意!雨に濡れた時に風邪を予防する方法は?


梅雨も本番に入り激しく雨の降る日が増えてきました。

雨に濡れた時に気をつけたいのが、風邪ですよね。

風邪は引いてしまうと、仕事や生活に支障をきたすため、

出来るだけ引きたくないものです。

そこで今回は、

雨の時に風邪を予防する方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。

雨に濡れると風邪を引きやすくなるのは?

 

雨に濡れてしまうと、その水分は体温を奪い蒸発していこうとします。

 

この時に体が冷え血行不良に陥り、体の機能が低下していってしまうのです。

そして免疫機能が低下し、風邪を引きやすくなるのです。

それならばプールやお風呂の時にも濡れるのでは?

と思われる方もいらっしゃると思います。

一般的に雨に濡れると、風邪を引く原因と言われているのが、

濡れたあとに拭かずに、そのままにしておくことなんです。

プールやお風呂はそのあとで体を拭くから問題ないのですが、

雨に濡れるということは外にいるので、

服も着てすぐに拭けないので、体温低下が進んでいってしまうのです。

雨に濡れてしまった時に風邪を予防するには?

 

雨に濡れてしまった際に、風邪を予防する方法は体を冷やさない事が一番です。

こちらでは体を冷やさない方法について、ご紹介していきたいと思います。

  • 雨に濡れた際はタオルで風邪を予防しましょう!

雨に濡れたら、まずは水分を体から拭き取ることで風邪を予防しましょう。

洋服が濡れた際にも、タオルに水分を移すことで、

体温が奪われることを少なくできます。

タオルは吸水力が良いタオルを選ぶと良いでしょう。

  • 雨に濡れた際は着替えで風邪を予防しましょう!

 

雨に濡れた衣類は、そのままにしておくと、どんどん体温を奪っていく為、

すぐに着替えることで風邪を予防できます。

雨が降りそうな時には、前もって着替えを用意し、雨に濡れたら出先であっても、

すぐに着替えることをおすすめします。

着替えは体温を上げるために、少し厚着をすることをおすすめします。

雨に濡れた際はドライヤーで風邪を予防しましょう!

 

頭は体温を一番奪われる部位でもあります。

 

髪が雨に濡れた際には、必ずドライヤーで乾かし風邪を予防しましょう。

ドライヤーならば、髪のセティングもでき、濡れた衣類を乾かすこともできますよね。

雨に濡れた際は飲み物で風邪を予防しましょう!

 

雨に濡れた際には、体を温めることでも風邪を予防できます。

その中でも、血行促進などの効果がある飲み物をおすすめします。

一般的には、ほうじ茶や生姜ドリンクなどをおすすめします。

飲み物をアイスではなくホットにすると即効性がありますので、

風邪も予防しやすいですよね。

  • 雨に濡れた際はお風呂で風邪を予防しましょう!

 

雨に濡れた際は、ゆっくりとお風呂に入ることで、体温を上昇させ風邪を予防しましょう。

どうしても暑い時期になると、シャワーだけになりがちですが、

ぬるめのお湯でゆっくりと浸かり、体の芯まで温めることをおすすめします。

また血行促進の効果がある入浴剤などもおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です