治療~予防へ


治療から予防へ

世界一の高齢社会の日本で、いつまでも健康で快適に過ごすためには、病気の予防が重要です。中でも三大死因の脳卒中、心臓病、がんさらに糖尿病や高血圧などの発症には、生活習慣が大きくかかわっていることがわかってきました。

生活習慣病を予防するにはどうしたらよいのか?

まず、生活習慣病とはどういうものでしょうか

 「生活習慣病とは、平成8年12月に厚生省(現・厚生労働省)が提言した概念です。それまで使われていた『成人病』では、年をとったら脳卒中、心臓病、がんなどになってもしょうがない、誰もが避けられないので、早期発見、早期治療が重要だという二次予防が中心でした。ところが、現実には中高年だけでなく類似の病気が子供にもおこって、小児成人病という言葉もできました。疾患の背景には、加齢だけではなく、子供のときからの生活習慣が大きく影響するということです。しかも、成人病になる人が年々増え、発症後の治療ではなく、予防の必要性が出てきたのです。そのためには、一人一人の生活習慣を見直そうという、一次予防の概念に変わったのです」

それほど生活習慣は重要なのですか

 「生活習慣とはライフスタイルともいい、食習慣、運動、休養、喫煙、飲酒などを指します。例えば、食べ過ぎによる過剰エネルギーや高脂肪、塩分のとり過ぎ、お酒の飲み過ぎ、運動不足、睡眠不足、ストレスといった不摂生は、短期間ではそれほど影響を及ぼしません。ところが、10年、20年と続けていくうちに肥満になり、血糖値、血圧、中性脂肪、コレステロール値も高くなって、生活習慣病の“終着駅”、脳卒中や心臓病を発症するのです。

肥満と喫煙が原因の一つのようです。

ある日突然、症状が起こり、悪くすれば死にも至るのが、生活習慣病の怖いところです」

どのような生活習慣を心掛ければいいのでしょうか

睡眠・入浴・栄養・運動ですね!

それと大切なのが正しい姿勢です。

からだ回復センター田川ではこれらの事をご指導させていただいています。

おかしぃな?と思ったらご相談下さい!

痛みを取る前に痛みを出さない予防から・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です