小豆袋


小豆袋の作り方

現在、冷え性に苦しんでいる方や内臓の不調、節々の痛みに悩んでいる方にオススメしたい、

カラダを温める手作りグッズ「小豆袋(あずきぶくろ)」をご紹介します。

 寒い日々がだんだんとやわらいで、やっと春の陽気が訪れてきましたが、

いまだに冷えや内臓の不調できつい思いをされている方も多いと思います。

冷え性や内臓不調の原因として、

「筋肉が充分な熱を作れない」

「筋肉のコリや張りで毛細血管等の血液循環がうまくいっていない」

「おなかがいつも冷たい」

などが挙げられますが、小豆袋を使えば、簡単に気持よく改善していくことができます。

それでは、作り方と効果的な使い方をご紹介しましょう!

小豆を用意する。

量は400~500g(市販のもの2袋ぐらい)を用意します。外国産の安いもので構いません。

布袋・巾着を用意する。

100円ショップなどに売っている20cm×20cmぐらいの布袋を用意します。

巾着のように口を結べるタイプのものが便利です。

小豆を布袋に入れる。

はじめは400~500gを入れて、使いながら量を調節していきます。

電子レンジでチンする。

小豆を入れた布袋を電子レンジに入れてチンします。

時間にして1~3分ほど

温度は35℃~60℃。熱くし過ぎると逆に筋肉が緊張しますので、体に心地良い温度を色々試してみましょう。

小豆袋をおなかに当てます。

基本は内臓を温めることなので、胃を中心にしておなかを温めていきます。

肌に直接当てたほうが内臓に熱が浸透していくような実感があります。

小豆袋が熱いときは肌着の上から当てて、温度が下がってきたら直接肌に当てるのもいいでしょう。

小豆袋の使い方いろいろ ・あおむけで使う・・・あおむけの状態で、おなかを中心に下腹部や左右肋骨の下(肝臓・脾臓)、腰の下、お尻の下に当てる。

・うつぶせで使う・・・うつぶせの状態で、腰周辺(腰の筋肉や腎臓など)、背中、おしり、肩甲骨に当てる。

・座って使う・・・座椅子やイスに座った状態で、肩やひざ、ひじ、首の付け根、肩甲骨、背もたれに挟んで腰や背中、おしりに敷くなど。

 (のぼせたりすることがあるので、首の付け根より上には当てないようにして下さい)

 

『その他、注意事項』

小豆袋は、基本的におなか(内臓)を中心に当てていきます。

(その際、服の上からでも直接肌に当ててもどちらでも構いません。

実感としては、肌に直接の方が熱が内臓に浸透している感じがします)

冷え性の方は特に胃の周辺や左右肋骨の下(肝臓や脾臓)、そして下腹部を中心に当ててみてください。

痛みのある人はその痛い箇所に当てます。

おなかも痛いところも当てる時間や回数に決まりはありません。

小豆はだいたい20~30分で冷めますので、熱が冷めたら再度レンジでチンするといいでしょう。

小豆袋をあまり熱くしてしまうと、逆に筋肉が緊張してしまうので、心地良い温かさになるように調整して下さい。

テレビを見ながら、本を読みながら、布団の中でなどいつでもどこでも当てて構いません。

婦人系のことで悩んでいる人は、ぜひ子宮のあたりに

生理中には、積極的にお腹のあたりを温めるとともに、尾骨(仙骨)のあたりにものせてください。

生理痛って、子宮内膜が「はがれる時の痛み」ってご存知ですか?

血流が良いと、自然にスルッとはがれてくれます。

でも、血の巡りが悪いとスムーズにはいかなくて、ビリビリッベリバリッという音を立てるがごとく、はがれるんです。

それが生理痛の大きな原因。

はがれにくいから、出血も長引きます。

だから、たくさん子宮のあたりを温めて、血行良くしてみてくださいね。

バストでお悩みのあなたに

胸って、体の中でもとくに冷えている場所なのですね。

そうなると血行が悪くなり、バストが垂れてきたり、なにをやっても小さなバスト。

そう、胸を温めただけで、「バストが大きくなった!」って、よくあることなのですよ。

また、ガンはからだの冷えている場所にできやすいのです。

だから女性は、とくに冷えやすい場所である胸に乳がんが多発!

さっそく胸を、玄米ホットパックで温めてくださいね。

目の疲れに

目はからだのいろんな症状と繋がりがあります。

「目」と頭痛

「目」と生理痛み(子宮への負担)

「目」と肝臓の弱り

「目」と肩こり

「目」の酷使は咳が止まりにくくなる などなど。

目で何かを見る時は、すごーーーく「血」を使います。

「血」が足りなくなれば、血液循環=血行が悪くなりますよね。

そして、目で何かを見るときには、神経も酷使します。

神経の酷使は、からだのあちこちを「緊張」させるのです。

そんな目の使いすぎによる「血行不良」と「緊張」が、からだのさまざまな不調を起こすのです。

とくに男性は肝臓、女性は子宮に、繋がりやすいそうです。

この玄米ホットパックを眠る前に目にのせると、1日の疲れを取り去ってくれますよ。

下半身の冷え対策に

座っているときは、太ももの上にのせると下半身の冷え対策になります。

太ももは、全身の四分の一の筋肉が集まっている場所です。

筋肉は、からだの熱源を生み出してくれる場所。

だから、冷えの要でもあるのです。

食べすぎ防止に

食前に、3分くらいお腹の上にのせて温めると、消化能力が高まったり、食べ過ぎ防止になります。

深い睡眠を促してくれます

眠るときには、お腹などにそのまま当てて眠ってみてください。

寝つきもよく、眠りが深くなります。 夏場など暑くて眠れない時でも、寝る前3分のせるだけで、眠りの質が変わります。

ホッカイロなどの温めは、体の表面だけを温めます。

ホッカイロが体の中の血液も集めてきて温めようとすることもあるそうです。

すると、内臓が余計に冷えてしまうこともありますので、注意が必要だそうです。

その点、玄米ホットパックは大丈夫!

穀物の持つ遠赤外線効果で、熱が内臓まで届いて温めてくれます。

ちなみに・・・男性は性器を温めてはだめですよー精巣は熱に弱いですから。

玄米ではなく、小豆でも作れます

私が使ってみたところでは、小豆のほうが、使用をはじめてからわりとすぐに温まりが悪くなります。

また、冷めやすくもあるため、私の使い心地としては、玄米のほうがいいな、と感じています。

作った後、どのくらいの期間つかえるの?

使用頻度によっても異なりますが、我が家は1年以上経っても温まっていて使えます。

(夜だけではなく、1日に数回、レンジでチン!しています)

ただ、1年半経過くらいに、袋を切ってあけてみると、中身の玄米がかさかさに乾燥していたため、いまは1年~1年半くらいで、新しい玄米で作りなおしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です