寝苦しい・・・!


寝苦しい夜を快適に~熱帯夜の対策~

人間は汗をかき、熱を発散して体温調整をしています。室温が28℃以上あるような「熱帯夜」では体温が逃げにくくなり、さらに湿度か高いと汗も蒸発しないため、体温が下がりにくくなります。寝苦しい夜には、このような背景があります。

熱帯夜の快眠法

  1. 室温は26~27℃に保つ
  2. エアコンのタイマーは1時間程度にセットする 寝る1~2時間前に冷房をかけておけば、タイマーが切れても快適さが続きます。
  3. 除湿機能を使う 睡眠に理想的な湿度は60%前後といわれています。適度な湿度が保たれていれば、気温が同じ30℃でも、寝苦しさはまったく違ってきます。
  4. 寝具を選ぶ 麻は、熱がこもりにくい素材として知られています。

このほかにも、食事は就寝の2時間前に終わらせる、また、ぬるめのお風呂に入る、軽いストレッチをする、部屋を暗くする、ハーブティーを飲むなど、気分をリラックスさせる習慣をつけることが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です