夏バテ対策!


夏バテを解消し体力を回復する方法や対策は?

夏バテを解消する方法で、最も有効なのが「しっかりと睡眠をとること」です。

しかし、暑さのピーク時には真夜中でも気温が30度を下回らない、いわゆる熱帯夜になることも多く、睡眠をとれる環境とは言い難いですよね。

とは言え、疲労を回復するには睡眠は欠かせません。そこで、どうしたらよい睡眠ができるかを考えてみましょう。

まず、室温を下げるためにエアコンを使用する方も多いと思いますが、人間の体は睡眠中は活動時よりも体温が低くなります。

そのため、エアコンを一晩中つけっぱなしにしてしまうと、寒くて起きてしまい、睡眠の妨げになってしまいます。

そこで、エアコンのタイマー機能を利用し、ベッドに入って一時間後に切れるようにセットします。

こうすると寝入る時は快適な室温なので寝つきもよくなります。

また、エアコンは使いたくないという方であれば除湿機を使ってみるのもよいと思います。

就寝中に不快を感じて起きてしまう理由は、気温だけではなく湿度も大きく関わっていますから、湿度を下げるだけでも寝やすくなると思います。

暑い夏に、熱いお風呂に長く入っていたくない・・。

 と夏場は汗を流すのはシャワーのみ、という方も多いと思いますが、これでは汗は流せてさっぱりはするかも知れませんが、体に溜まった疲労は取り除けません。

暑い夏こそ、しっかりお風呂に浸かることが大事なのです。

とは言え、熱いお湯に浸かることはありません。

ぬるめのお湯に20分程度ゆっくり入ることで、エアコンによる体温調節機能の乱れを回復させ、さらに体温が上昇することで寝つきもよくなると言われています。

お風呂に入ると、「あ~・・気持ちいい」と思わず声に出てしまうことはないでしょうか。

声に出なくとも心の中で思う方も多いと思いますが、これは自律神経の中の副交感神経が優位に働いている証拠となります。

副交感神経はリラックスを促す神経ですから、夏バテの予防法としてお風呂に入ることはとてもよいと言われています。

夏バテ気味だな、と思ったら胃腸を労わるために負担の少ない優しい食べ物を選ぶ方が多いと思います。

下痢などの症状がすでに現れている場合は、消化にいい物を食べる必要もありますが、疲れや体の怠さを感じている時であれば、そのような食べ物は体力がつかないため返って逆効果となってしまいます。

食べ物

夏は気温が高いので基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると体内のたんぱく質が多く消費され、エネルギーの消費も増えるので血液中の糖分をエネルギーに換えるビタミンB1も必要となります。

このことから、失われたたんぱく質とエネルギーを生み出すビタミンB1が含まれた食べ物を摂取することが、夏バテには有効と考えられます。

そしてその2つが含まれている食べ物は、豚肉です。疲れを感じ始めた頃に豚肉を食べて、疲労回復を促すことで夏バテを回避することができるのです。

夏バテ気味から完全な夏バテになってしまったら、豚肉やうなぎなどのこってりした物は口に運びづらくなりますよね。

そんな時は、夏野菜を使ったラタトゥユを作ってみるのはいかがでしょう。

トマト、きゅうり、なす、かぼちゃなど、旬の野菜には豊富な栄養がたくさん含まれていますし、ラタトゥユは冷たい食べ物なので、食欲がない場合でも食べやすいと思います。

また、同じ野菜を使って野菜スープを作るのもよいと思います。

冷たい食べ物よりも温かい食べ物の方が胃腸に負担が掛からないため、体力の回復は早まります。

どちらも野菜を切って煮こむだけで簡単にできますから、夏バテになったら是非この2つを試してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です