夏の疲れを取る方法


いなり寿司を食べる


クエン酸は疲労物質である乳酸を分解してくれる働きを持ちます。クエン酸の凄い所は、肉体疲労回復にも精神疲労回復にも両方効果があるという事です。

それ以外にも

・食欲増進
・筋肉痛
・肩こり
・ストレス
・利尿作用
・肝臓病
・精神安定

という部分に効果があり、クエン酸は疲労回復以外にも万能な存在です。

クエン酸が取れる食品は、桃、すもも、梨、酢、梅干し、キウイ、レモン、あんず、みかん、ローズヒップなど。やはり、果物や酢などの酸っぱい食品が多いです。

また、疲労回復に効果があるアミノ酸とクエン酸を同時に摂取出来るレシピとしては、いなり寿司があります。

ご飯に豆類である揚げ、この中に、タンパク質やカルシウムと鉄分が入っていますし、揚げた油にビタミンEが入っています。そこにクエン酸である酢が染みているので、いなり寿司は疲労回復に効果がある手軽な食品となっています。時間のない時はぜひ、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です