二度寝防止・・・!


11月に入り朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

こんな時に良くあるのが「二度寝」ですね?

二度寝して遅刻・・・なんてならない為に

寝る前になかなか寝つけないことが原因で、睡眠時間が短縮されてしまえば、「良い眠り」をとっていないと考えられるのではないでしょうか。良い眠りとは、自律神経とも深い関係があります。自律神経が乱れることで、人は寝つきが悪くなり浅い眠りになりがちです。

つまり、自律神経のバランスが乱れることで、寝つきの状態が悪くなり深い眠りの「レム睡眠」の時間が短い状態です。そのため、熟睡できずにスッキリと起床できずに、つい二度寝をしてしまうことにもなるのです。

ここで、重要なのが入眠に就く前です。寝る前に自律神経を安定させ、心地よい眠りにつくことが二度寝を防止できることに繋がります。

1. 寝る前にバスタイムを楽しむ

2. 就寝30分前にホットミルクを飲む

3. 蛍光灯や豆電球を消して真っ暗な状態で眠る

4. 寝る前はちょっと小腹が空いた状態がベスト

5. 寝る前1時間はスマホやPCをいじらない

6. カーテンをほんの少し開けておく

7. 朝起きた時の楽しみを作る

是非今日から試してみて下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です