ストレスに負けない・・・!


ストレスに負けない心と体を作るには?

 ストレスが不眠やお腹の症状に関係していることがお分かりいただけたと思います。 それでは、ストレスに負けない心と体を作るにはどのような工夫をすればよいのでしょうか? 日常生活に取り入れやすいストレス対策をいくつかピックアップしました。

・毎日、体を動かす 運動にはネガティブな気分を発散させたり、心と体をリラックスさせて睡眠リズムを整える作用があります。効果的なのは、ランニングやサイクリング、ダンスなどの有酸素運動ですが、それらはハードルが高いと感じる方は、体がぽかぽかして、汗ばんでくる20分程の散歩でも効果があります。1日にたくさんやるのではなく、継続することが大切です。

・笑ってみる(考え方を変える) 笑いは心を軽やかにして、辛い日々を乗りこえる力をつけてくれます。失敗した時も自分を責めるのではなく、失敗を認めて自分を笑い飛ばしましょう。笑うことで、バランスのよい物の見方と、広い視野がだんだんと身についてくるのです。なによりも、笑うことは周りの人とリラックスした関係を築くうえで、とても役に立ちます。

・お腹に手を当てて腹式呼吸をする 不安や緊張が強くなると、運動をしているわけでもないのに、呼吸が浅くなり、心臓の鼓動も速くなります。そんな時には、腹式呼吸をしましょう。3秒数えながら息を口からゆっくりと吐き出し、同じように3秒を数えながら鼻から息を吸い込みます。

また、「脳腸相関」を通じて腸から脳に働きかけることも、ストレスケアにつながります。ヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維を多く含む整腸効果のある食べ物を摂ることが効果的と言われています。

できるだけ負担にならない自分なりの解消法を見つけて、無理のないストレスケアをすることが大切です。毎日の生活習慣を整え、バランスの取れた食事や良質の睡眠、適度な運動の習慣を維持することが、ストレスと付き合うための健康の基礎固めになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です