あけましておめでとうございます。


お正月休みは如何でしたか?

お休み明けに体調を崩されたりなんだかやる気が出ない?

なんてなっていませんか?

体調を戻す方法として

正月病の対策として、「身体が重いと感じたら早めの対策すること」が大事だそうです。

 

年末年始の冷蔵庫は食材があふれがちになり、それが食べ過ぎにつながる可能性も高いようです。そのため、冷蔵庫内のストックを適正にするのを心がけるとよいのだそうです。

 

また、脂肪を代謝する力を高める「茶カテキン」が多く含まれる緑茶を飲むこともおすすめです。

 

短期間で体重が増えたときに、一番気になるのはお腹まわりの脂肪を引き締めるために、自宅やオフィスで簡単にできる「ツイストエクササイズ」を取り入れるのもよい様です。

 

乱れがちな生活リズムを戻す方法としては、朝陽を浴びて、1日の体内リズムのスイッチをオンにすることを挙げています。

 

また、朝に炭酸入浴をし、濃い目の緑茶やコーヒーを飲むと、身体が目覚めやすくなるとのこと。

 

夜の睡眠の質が低下すると、昼間に眠さやだるさを感じやすくなることから、夜の睡眠の質を高めることも有効です。

 

そのために重要なのが「就寝1時間前の炭酸入浴」と「寝る前に30分程度、首もとを温めること」。寝つきがよくなり、副交感神経が優位になることで、深い睡眠が得られやすくなると言われてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です